カルティエ
Cartier サントス ドゥ カルティエ ウォッチ LM W2SA0006

1904年、ルイ・カルティエが友人のブラジル人飛行士、アルベルト・サントス・デュモンの飛行中に時刻を確認したいという願いを聞いて製作されたのが「サントスウォッチ」です。
カルティエウォッチのアイコンともいえるサントスが2018年に【サントス ドゥ カルティエ】として復活しました。

こちらはLMサイズとなり、ムーブメントには自社製自動巻きキャリバー1847MCを搭載します。

文字盤のローマインデックスとその内側に描かれた四角のレイルウェイ分目盛はカルティエウォッチを特徴づけ、またケースとブレスレットにはサントスウォッチ特有のビスモチーフが施されます。
ブレスレットの他にレザーストラップも付属しており、クイックスイッチ交換システムによりその日の気分で交換してお使いになれます。


キャリバー 1847 MC
自動巻きメカニカルムーブメント マニュファクチュール
スティールおよび18Kイエローゴルド製ケース
七角形のリューズにファセットを施したシンセティックスピネル
シルバーダイアル
スティール製剣型針
サファイアクリスタル
スティール製ブレスレットに「スマートリンク」サイズ調整システム
スティール製ダブル アジャスタブル デプロワイヤント バックル
ブレスレットとレザーストラップに「クィックスイッチ」交換可能システムを搭載
ケース幅:39.8mm
ケースの厚さ:9.08mm
10気圧(約100m)防水


お問い合わせはこちら


価格:¥1,333,200(税込)

※2021年9月時点での情報です。掲載当時の情報のため、変更されている可能性がございます。ご了承ください。

関連モデル

ハラダ

ハラダ
ハラダ
〒770-0912
徳島県 徳島市東新町1丁目21-1
TEL:0120-24-3132
FAX:088-655-1236
営業時間 10:00〜19:00
定休日 年中無休(元日を除く)