• HOME
  • ブランドNEWS
  • 史上初のイベント 「LVMH WATCH WEEK 2020(LVMH ウォッチ ウィーク ドバイ 2020)」がドバイで開催

史上初のイベント 「LVMH WATCH WEEK 2020(LVMH ウォッチ ウィーク ドバイ 2020)」がドバイで開催

  LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン傘下であるブルガリ、ウブロ、ゼニス、タグ・ホイヤーは、2020年1月13日より3日間、「LVMH ウォッチ ウィーク ドバイ 2020」を催しました。4ブランドは、開催期間中に独特な力強さ、創造性、革新性を示すために、ユニークなブランド体験を各々のスタイルでご紹介しました。本イベントは、マニュファクチュールを背景にもつLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンならではの比類なき専門性とサヴォアフェール(匠の技)の証と言えるでしょう。

  記者会見は、ブルガリ リゾート ドバイにあるヨットクラブのテラスで開催されました。LVMHウォッチメイキングディヴィジョンCEO兼タグ・ホイヤーCEOであるステファン・ビアンキ、ブルガリ・グループCEOのジャン-クリストフ・ババン、ウブロCEOのリカルド・グアダルーペ、ゼニスCEOのジュリアン・トルナーレが登壇しました。

ブルガリは「セルペンティ セドゥットーリ トゥールビヨン」を発表


  ブルガリは、初の「LVMH ウォッチ ウィーク ドバイ2020」にて セルペンティ、ディーヴァ ドリーム、オクトの3つのピラーコレクションからそれぞれ新作ウォッチを発表しました。現存する市場最小の女性用トゥールビヨンとして新作の「セルペンティ セドゥットーリ トゥールビヨン」や究極な複雑な機構でありながらも洗練された美しさをもつ新作の「ディーヴァ ドリーム フィニッシマ ミニッツリピーター マラカイト」や「オクト フィニッシモ」まで、いずれの新作も時のローマンハイジュエラーだけが実現できる永遠性と美の極みです。

  宝石の職人魂で描かれたハイジュエリーウォッチの祭典は、最新の「セルペンティ セドゥットーリ」コレクションにて、ブルガリらしい究極の表現を実現しました。Born to be Goldをコンセプトに誕生した本コレクションは、セルペンティのシェイプに合わせて特別に設計され、女性向けのミニトゥールビヨンとして2020年にデビューします。

  常に大胆で革新的な時のローマンハイジュエラーは、「オクト フィニッシモ」においても、サテンポリッシュのステンレススティールやピンクゴールドなどの新モデルの導入により、時計製造の常識を打ち破り続けています。独特の素材と比類なき技術の融合により、21世紀の現代的なウォッチメイキングの象徴となります。

関連記事一覧