• HOME
  • ブランドNEWS
  • ブルガリを纏ったセレブリティが第77回ベネチア国際映画祭に登場

ブルガリを纏ったセレブリティが第77回ベネチア国際映画祭に登場

2020年9月2日-イタリア、ベネチアにて開催された第77回ベネチア国際映画祭のレッドカーペットに米国の俳優でありディレクターのマット・ディロンは、2020年のジュネーブ・ウォッチ・デイズにて復刻したばかりのアイコニックなブルガリの「ブルガリ アルミニウム クロノグラフ」のウォッチを纏い、登場しました。

フランスの俳優であるアントニー・ドロンは、イタリアの女優であるスベバ・アルビティとともにブルガリを纏い初めて一緒にレッドカーペットに登場しました。アントニーの腕もとには、ブラックダイアルにブラックセラミック製のブレスレットウォッチ「オクト フィニッシモ」がエレガントに輝き、スベバのデコルテに煌めいていたのは、ダイヤモンドとエメラルドの新作「バロッコ」ネックレスでした。

メキシコの俳優であるアレハンドロ・シュパイツァーの胸元には、ルビーがアクセントに輝くプラチナ製の「バロッコ」のハイジュエリーブローチが輝きを放ち、ゴールドとアリゲーターブレスレットの「オクト フィニッシモ」のタイムピースとともに、レッドカーペットに現れました。

関連記事一覧