• HOME
  • ブランドNEWS
  • 2020新作 ボヴェ「リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー」

2020新作 ボヴェ「リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー」

 ボヴェが、「リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー」を発表しました。


工匠の技によるエクスクルーシブな高級時計づくり
 ボヴェは1822年の創業以来、装飾芸術や計時精度、メカニカルな創造力、そして革新技術の分野において、最高の出来映えを示し続けています。職人たちの伝統に対する専心、情熱、そして敬意、また彼らがあらゆる細部へ払う注意こそが、比類のない精巧な高級機械式時計づくりに貢献しています。

 この作品をさらに類まれなものとするため、ボヴェのオーナーであるラフィ氏は、年間製造数をわずか800本に絞ることにしました。そうすることで、彼はスイス国内の自社工房で伝統的な職人技法に沿ってすべての部品を製作すると同時に、コレクターに最高の体験をしていただくために特別感を付加することで、本物のラグジュアリーを再定義することに挑戦しています。

 ブレインストーム チャプター ツーは、ラフィ氏の決断の成果を完璧に体現する作品として、過去4年間にわたってブランドの技術部門およびプロトタイプ担当時計師が手掛けてきたマスターピースです。ボヴェが誇る工匠たちの協力も得て団結した彼らは、極めて優れた才能を発揮しました。並外れた専門性と芸術性、そして革新性が、工匠の手でつくられたこの珠玉の時計に詰まっています。

ユニークかつ革新的な構造
 ブレインストーム チャプター ツーは、2016年にパスカル・ラフィ氏によってデザインされた、アイコニックな“ライティングスロープ”型の非対称ケースに収められており、ボヴェ コレクションの中で2番目にサファイア製ケースを採用した時計です。ユニークな表示機構を明らかにするベゼルの傾きは、直感的かつ明瞭な視認性を実現します。同心円状のスクロールや回転するドーム、立体的な針によって、比類のない形で時が表現されています。“ライティングスロープ”の恩恵を受けたデザインは、ムーブメントの構造に新たな領域を与えています。より多くの機能の搭載、より高い計時精度、そして視認性向上を可能にするのに最適なサイズのムーブメントになっています。

 コレクターたちは全く新しいレンズを通して、芸術的な装飾によって彩られた、前例のない方法で立体的表現をするこの稀有な時計の構造の複雑さを目の当たりにし、魅了されることでしょう。

 パスカル・ラフィ氏とボヴェの開発部門は、有用な機能の数々を、完璧な統一感とともに組み込むことにこだわりました。そこで、サファイア製の“ライティングスロープ”型ケースの採用を正当付ける、完璧なムーブメントをつくったのです。その澄んだ透明性からケース素材として選ばれたサファイアは、ダイヤモンドの次に硬い素材であると同時に、あまり知られていない要素として、チタニウムよりも軽いという特長も有しています。この最初の選択によって、ボヴェの技術士たちが直面しなければならなかった大きな課題の一つが、すぐに明らかになりました。サファイア製ケースは、既に40年近く前から知られている一方で、素材そのものの硬度が原因で加工やポリッシュする上で制約があり、現在に至るまでそのデザインは、比較的シンプルなものにとどまっていました。“ライティングスロープ”型ケースのアシメトリカルなミドルケース側面、ベゼル、そして風防ガラスの形状が、これまで解決策の無かった難題を、技術者たちに突きつけました。

 最終的に完成したのは、このコレクションの特徴的なケースの原型を綿密に踏襲した、ミドルケースと風防ガラスがつくり上げる直径48mmの一つのエレメントです。ケースバックは、機械で打ち抜かれたグレード5チタニウム製のベゼルおよび4つのラグで構成されています。当然ながらこの裏蓋には、豊富な秘密を抱えるムーブメントをたっぷりと鑑賞できるよう、サファイアガラスが嵌められています。全体の透明性およびエルゴノミクスの最適化のため、ボヴェの時計師たちは、従来のようにミドルケースにではなく、ケースバック側にムーブメントを組み込むことにしました。この考え方は、今作に引けを取らない2016年発表の「トゥールビヨン オタンタ セイ」および2019年発表の「ブレインストーム チャプター ワン」の構造でも採用され、すでに成功を収めていたのです。後者の作品は2019年の発表以来、そのデザイン性と、革新的かつ技術的に優れたケースによって広く称賛され続けています。また様々なコレクターの好みに沿うよう、ブレインストーム チャプター ツーは、直径46mmのレッドゴールド製“ライティングスロープ”型ケースのバージョンもご用意されています。

極めて優れたエンジニアリング
 ブレインストーム チャプター ツーのためにボヴェの工房内で特別に開発および制作されたキャリバーは、新デザインの賜物です。ボヴェでは動力装置のノウハウを完全にマスターしており、この作品でも5日間を超えるパワーリザーブが一つの香箱によって供給されています。調速機構の振動数は毎時21,600振動に増大され、さらに特許取得済みの両面フライングトゥールビヨンを搭載することで、より優れた計時精度を実現しています。

 この独創的なキャリバーが提供する表示情報は、ケース内に明解にレイアウトされ、ディスプレイされます。半透明のブルーまたはグリーンクォーツ製、もしくはブルーアヴェンチュリンガラス製のドーム状ダイアルは、ケースの上半分に配置され、現地時刻の時分表示を行います。秒表示は、6時位置に配された、1分間に1回転するトゥールビヨン上に設けられたインデックスを通して行います。さらに、3時および9時位置には回転するドームがそれぞれ配されることで、横軸のデザインが美しいバランスとともに完成しています。

 3時位置のドーム状ディスプレイでは、この時計のために開発された特許取得済みの機構が用いられた第2時間帯表示を行っています。ドームの回転部分には24の時間帯に対応した24の都市名がプリントされており、ドームの裾野部分のリングに配された目盛に沿って、24時間をかけて1回転します。立体的なV型の針を用いて、希望するタイムゾーンを選べるようになっています。この巧みで革新的なドームと針の組み合わせは、全体的な表示サイズの小型化と最適な視認性の確保の両立を実現しています。また、この表示方法により、着用者は標準時刻を読み取る感覚で、24の異なるタイムゾーンの時刻をひと目で確認することができます。

 3時位置のドームと完璧な対称をなすように、9時位置には回転するドーム状のムーンフェイズ表示が配されています。表面にはまず月面の模様がハンドエングレーブされ、次に発光塗料が同様に職人の手によって塗布されています。ドーム状の月を見下ろすように開けられた二つの丸型の窓は、それぞれ北半球と南半球から見える月齢を表示します。このムーンフェイズ機構の精度は極めて高く、必要な調整は127年に1度、1日分のみです。

 第2時間帯表示およびムーンフェイズ表示をそれぞれ行う二つのドームは、特許取得済みの放射状誘導システムを通じて旋回しています。両ドームの外縁には、マイクロサイズのスクリューによって調節された三つのルビーランナーが配されています。これらのランナーは、ドームの調整や回転を制御すると同時に、機構内の省スペース化に寄与し、それにより摩擦を最小限に抑えています。つまり、このランナーの採用により、時計の計時精度やパワーリザーブが自ずと向上するのです。

 複数の複雑機構を搭載したこの時計の驚異的な5日間のパワーリザーブは、ミドルケースの帯部分、丁度ストラップを装着する上下部分の間に配されたインディケーターで確認することができます。この配置は、サファイア製ケース(18Kレッドゴールド製ケースバージョンの場合はサファイア窓)だからこそ意義があります。インディケーターの針は、ムーブメントの地板に直接エングレーブされた目盛に沿って真っ直ぐに運行し、側面を横切るのが見えるようになっています。

ボヴェの技術と芸術
 デザイン面および技術面での熟達という観点からも、ブレインストーム チャプター ツーの潔く革新的かつモダンなキャラクターは、1822年の創業から続くボヴェの成功の責を負ってきた、伝統を重んじる職人的時計づくりにふさわしいと言えるでしょう。工匠の手仕事による装飾や仕上げ、エングレービングは、ムーブメントとケースの立体的なデザインによってより一層高められたこの時計の空間で、最高の輝きを放ちます。平面はもちろん、傾きのある面、凸面、垂直な面など、技術的に可能なあらゆる面に、象徴的な“ブリ・ド・ヴェール”モチーフがハンドエングレーブされています。そしてそれらの面は、美しくポリッシュされたピラーや半透明の石、繊細なサテン仕上げのスティールとコントラストを成しています。時計を裏返すと、細心の注意を要する精密な装飾が施されたオープンワークのブリッジが露わになります。こうして完成した作品は、パスカル・ラフィ氏とボヴェの工匠たちが敬意を表する昔からの伝統と、永続するウォッチメイキング技術をもっとも優雅なかたちで表現しています。

卓越性の保証
 これほどまでの卓越性は、限られた規模でしか実現できません。そのため、ブレインストーム チャプター ツーのためのムーブメントは、合計60個のみ製作されます。それらを、直径48mmのサファイア製ケースまたは径46mmのレッドゴールド製ケース、そしてブルークォーツ、グリーンクォーツ、またはブルーアヴェンチュリンガラスのダイアルをそれぞれ組み合わせたモデルに割り振ります。ボヴェならではのカスタマイゼーションにも対応しており、世界に一つのユニークピースを手にしていただくことも可能です。ケース素材とダイアルの組み合わせは、それぞれ最大10本まで製作可能となっています。このエクスクルーシブさは、パスカル・ラフィ氏およびボヴェの工匠たちが考える、真のラグジュアリーの定義を見事に体現するものです。

Récital 26 Brainstorm® Chapter Two
リサイタル 26 ブレインストーム® チャプター ツー

Ref:R26C2001
ケース径:47.8mm
ケース素材:サファイア(
防水性:30m
ストラップ:プラチナステッチ入りダブルフェイスのフルスキン・アリゲーター、18Kホワイトゴールド製フォールディングバックル
ムーブメント:手巻き、Cal.17DM06-DT、毎時21,600振動、5日間パワーリザーブ
仕様:時・分・トゥールビヨン上の秒表示、半球状のムーンフェイズ表示、半球状の都市表示付き第2時間帯表示、両面フライングトゥールビヨン、放射状誘導機構システム、ディミエ “ライティングスロープ”型ケース、コンベックス(凸状)のブルークォーツダイアル
限定:10本
価格:44,200,000円(税抜)

【バリエーション】各10本限定
Ref.R26C2007、サファイア製ケース、グリーンクォーツダイアル
Ref.R26C2010、サファイア製ケース、アヴェンチュリンダイアル
Ref.R26C2002、レッドゴールド製ケース、ブルークォーツダイアル
Ref.R26C2008、レッドゴールド製ケース、グリーンクォーツダイアル
Ref.R26C2011、レッドゴールド製ケース、アヴェンチュリンダイアル
※レッドゴールド製ケースのモデルはケース径:46mm、価格:41,600,000円(税抜)

関連記事一覧